2017年12月16日

ワインをちびちび

冒頭に申し上げますが、筆者は圧倒的な「ビール党」です。もっとも、最近では基本は夕食時に1缶のみですけどね。
…しかし、それも最近はちょっと揺らいできてもいるんです。理由の一番は、この寒さかな。会社員時代は、帰ってくると「まず1本」なんてぐびぐびいったものですけど、近ごろは通勤時間0分(自宅兼仕事場)ですからね。。。引きこもりだと、さしものビール党も、寒さが味に影響を与えているようです。
でも、先日テレビを観ていたら、1日1缶くらいのビールは身体にいいという研究結果もあるとか! うーむ、私は間違っていなかった(笑)。

ま、そんなこんなで、結局のところ、1日1缶は揺らがないような気もしますが、冬場はビール一辺倒もどうかと思い、ちょっとワインの導入をはじめました。食事中や夜中の読書中とか、チビチビ1杯、というのが、なかなか心地良いのです。
ワインも1杯なら身体にいいって言うしねぇ〜〜〜。

グラスワイン1杯をチビチビですから、当然1瓶を数日かけて飲むことになります。
そこで、重要なのは「蓋」ですよ。コルクでもう一度蓋をする気になれなくて、ボトルキャップをいろいろと試してみました。友人にもらったものもありましたし、100均などでも売っているので。

で、その結果、今のところベストはコレですね。
イオプラス 真空式ボトルキャップ
空気を抜いてくれて、きちんと蓋してくれている感じがいいですね。デザインも好きです。

そこで、調べたのですが、開栓後は冷蔵庫で保存すれば、赤でも白でも1週間程度。
だいたいはそれくらいあれば飲みきれると思いますが、残ったらホットワインにするのが筆者のお気に入り。ドイツでは、クリスマスの季節の定番ですよね。夜に飲めば、身体がポカポカして、よく眠れます。

ホットワインのレシピはいろいろありますが、筆者は最低限の手軽なもので。
愛用のミルクパンに、残った赤ワイン、シナモンパウダー、レモンを入れて弱火でコトコト。気分でハチミツを加えたり、グローブを加えたり。。。
面倒だと、レンジでチン…でも大丈夫。

ホットワインに入れるスパイスやフルーツは、いろいろなんですよね。わざわざ買って揃えておくほどでもないけど、筆者は紅茶用にシナモン(瓶に入っている手軽なパウダータイプ)やハチミツ、レモン果汁(ポッカレモン)なんかは常備しているから、それで十分なんですよ。たまにオレンジジュースやリンゴジュースがあるときは、それをレモンの代わりに入れるのもいいですね。いずれにしても、スーパーで日頃の買い物のついでに。

それにしても、最近は手頃な値段で、それなりにおいしいワインが手に入るようになりましたね〜。気取らず、楽しみたいものです。

【 ワイン シャンパン 料理酒 etc..】 真空ポンプで酸化を防ぐ!新鮮キープ! ≪ イオプラス 真空式 ボトルキャップ ≫  ボトルストッパー / ワインキャップ / シャンパンセーバー / ストッパー

新品価格
¥980から
(2017/12/12 17:38時点)




ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします!

  にほんブログ村 本ブログへ

posted by ys-office at 06:00 | 【ひとりごと】

2017年12月15日

見た目で勝負のお総菜に…

今は12月。。。先週末にデパートに行ったら、ものすごい混み方で、ちょっと引きましたね。
でも、デパ地下は楽しい。夕方の混雑は好きになれないけど、がんばる!
買ってきたお総菜は、やっぱり一味違います。
ちょっと高いのはもちろんですが、自分で作れない味だったり、少人数分作るなら、買った方が安い場合もありますよね(←と、いつも言い訳をしている)。

・・・まぁ、要するに、何もしたくない時は、買ってくるに限るということなんですが。 美味しければ、OK! OK!

さて、お総菜を買う場合、1種類をたくさん買うというより、ちょっとずついろいろ、という人が多いですよね。例えば、餃子を作れば、一枚のお皿にどーんと盛りつけて終わりますが、中華のお総菜を買うと、ニラまんじゅうやらエビシュウマイなんかもついてくるわけで、これが餃子と同じ皿(丸皿)だと、今にも“買ってきました〜、今日は手抜きです〜”感が丸出し。中華の総菜は大好きで、お取り寄せなんかもするし、お客様にも出したりするので、盛りつけだけは気を配りたいものです。
(逆に言えば、盛りつけさえOKなら、自分でつくるシュウマイより美味しいものをお客様に出せるしね)

ということで、例によってこだわるのは、どの皿に盛りつけるか、ということだけなのです。そして、私のお気に入りは、ちょっと渋い、割とお料理を選ばない土味の長皿。
サンマなどをドンと盛りつけるとぴったりのサイズですが、焼き魚以外は棚にしまいっぱなしになりがちなのです。
ですが、私の場合は、買ってきたお総菜と焼き魚用が「長皿」です。

例えば、素朴な染付(藍色の絵付け)と、温かみのある素地が魅力的な菊文の長皿。
筆者は沖縄に行って以来、やちむん(沖縄陶器)のファンです。
やちむん 中城窯 「菊紋長皿 」

やちむん (沖縄陶器) 中城窯 長皿 菊紋 長焼皿 焼魚皿 さんま皿 | おしゃれ 琉球焼

価格:2,808円
(2017/12/11 23:22時点)



シンプルな信楽焼の長皿もいいですね。一つは持っておきたいものです。ちなみに「へちもん」は信楽焼で人気の陶器ブランドですよ。
信楽焼 丸伊製陶 「へちもん 一文字長皿」

【信楽焼】へちもん 一文字 長皿

価格:3,780円
(2017/12/11 23:23時点)




先日の筆者の総菜セレクトは、蟹足のシュウマイ、エビチリ、ニラまんじゅうの順番。和食の定番で、茄子の生姜和え、筍と蕗の煮物、焼き鳥数本なんていうのも好き。
ポイントは各料理との間を十分にとって盛りつけることと、彩り。
要するにテキトーでいいのですが、丸皿と比べると、びっくりするほど見た目が良く、食べやすいです。

お総菜を買う時、食べたいもので選ぶのが基本ですが、迷ったら、盛りつけの時の彩りを考えることもオススメです! 彩りが良ければ、栄養のバランスもいいわけで、一石二鳥ですね。

(2011年4月初出:うつわ倶楽部より転載・加筆修正)

追記・・・
もっと「やきもの」に興味があったら、「やきものPLAZA」へどうぞ!


ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします!

  にほんブログ村 本ブログへ

posted by ys-office at 06:00 | 【うつわの話】

2017年12月14日

一応、忠臣蔵ということで?『研辰の討たれ』

12月14日といえば、忠臣蔵。
…といっても、最近はピンと来ないかもしれませんね。一昔前までは、この時期になると必ずといっていいほど、ドラマや映画などが放送されていましたが、最近はとんと見ないですものね。

筆者も、山ほど(というイメージで)、ドラマや映画で忠臣蔵をいろいろ見ています。もちろん、歌舞伎も。
数多くの役者さんが演じられていて、主役の大石内蔵助の人物像の解釈もいろいろです。数々の名演がありますね…といいつつ、今筆者の頭の中をぐるぐると回っている映像は、ドリフのコントだったりする(爆)。
ま、世代ですな。。。

さて、ここまで忠臣蔵を書いてみましたが、実はそんなに好きなお話しではありません。。。
母親の影響もあるかもしれない。あの人は昔から「あんなに人が大勢死ぬ、辛気くさい話は好きじゃない!」と、ドラマを見ている筆者の横でブツブツいつも言っていたから(でも一緒に見る。。。)。
まったくもって、毎日のように、殺人事件(刑事物や時代劇)を見ているくせして、おおいに矛盾なご発言ですよ。

ま、とにかく、筆者も忠臣蔵が辛気くさいというご意見には、同調せざるをえないので、忠臣蔵というテーマで、ちょっと別視点のものを取り上げることにしました。
こちらは、喜劇(でも最後はちょっとしんみり)の話です。

中村勘三郎主演 シネマ歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』

…このDVD、何度みたか、自分でも分からないくらい大好き。奇才の演出家・野田秀樹と、今は亡き名優・中村勘三郎による新しい歌舞伎です。
そういえば、勘三郎が亡くなったのは、5年前の12月でしたね。未だに悲しいです。しかも、その後に板東三津五郎まで。。。

この作品には、その両者に加え、息子の勘九郎と七之介などなど、中村屋ファミリーが総出演した喜劇の歌舞伎…本気で笑えます。ちょっと歌舞伎の知識があると、もっと笑えます。

物語は、赤穂浪士の討ち入りの直後から始まります(念のため、書いておきますけど、忠臣蔵の結末のことですよ)。
「世は折しも“敵討ちブーム”…」というわけで、赤穂浪士の話でもちきり。そこに、研ぎ屋あがりの”にわか”武士の辰次が現れ、敵討ちなど馬鹿馬鹿しいと言い出して…。
小悪党の辰次は、敵討ちに追われる立場となってしまい、日本中の逃げまわり。。。

この歌舞伎の楽しいところは、台詞回し。時事ネタや身内ネタなど、アドリブも満載で、縁者達は観客を笑わせる気が満載です。勘三郎や三津五郎の老獪な笑いに、勘九郎達の青臭い笑いもあって、もちろん、野田演出の計算された笑いもあります。

正当派の歌舞伎ではありませんが、新しいものには、いろいろな意見が出るのは当然のこと。
でも、筆者はこの歌舞伎が大好きです。ぜひ。

野田版 研辰の討たれ [DVD]

新品価格
¥4,527から
(2017/12/11 18:43時点)




ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします!

  にほんブログ村 本ブログへ

posted by ys-office at 06:00 | 【シアター・シネマの話】

2017年12月13日

あえて・・・名作マンガを語ってみる その6『横山光輝の三国志』

名作マンガを語るシリーズ第6弾。
なんとなく、ごりごりの少女マンガが続いたので、今回は男性向きのものを。
…某新聞(筆者はコレをとっているんだけど)のCMで使っているので、古いマンガにもかかわらず、ちょいちょい絵を見る機会があるアレです。。。

横山光輝 『三国志』潮漫画文庫 全30巻

長い!でも止められない!
面白いんですよ。登場人物が多いし、政治的なこと、地形的なことなどなど、さまざまな情報も詰め込まれていくので、疲れますけど、前のほうの話の記憶をなくす前に、一気に読むのがオススメです(笑)。

お話しは…いまさら三国志のストーリーを語るのもどうかと思うけど念のため。
舞台は古代の中国。長きに渡って大陸を支配していた漢王朝が衰退し、各地が群雄割拠し、戦いに明け暮れることとなった2〜3世紀頃の話です。
名高い英雄達が次々と登場し、最終的には三国までに集約され、そして、勝者となったのは…。
有名な「赤壁の戦い」や「五丈原の戦い」とか、「桃園の誓い」「三顧の礼」「泣いて馬謖を斬る」などなど、エピソードも書き出すとキリがありませんね。読んでいくと、あの言葉はこの話だったのか…と思うことが色々出てくると思います。

ま、こんな当たり前のことも一通り書きましたが、ここからは、「横山三国志」について。

原作である『三国志演義』は、中国の四大奇書の一つに数えられ、作者は不明。日本でもさまざまな訳本や小説として書かれていて、それぞれ良さがあります。また、中国では何度もドラマ化をされているようで、筆者も何種類か見たことがあります。
長いものが多いので、根性がいりますが。。。
例えば、コレとか。

『三国志 Three Kingdoms』
全95話。第9部まであって、揃えるのも大変ですね。。。筆者は根性でレンタルしました。。。

おっと、また脱線しました。
とにかく、三国志は小説版とかいろいろありますが、筆者ははじめて読むなら、このマンガがベストではないかと思うのです。
理由としては、マンガなので、「絵」で記憶できること。というのも、登場人物が多すぎて、文字情報だけではシンドイ部分があるからです。それに、マンガだと、パラパラとページを戻って、確認することも割りと簡単ですしね。
それに、このマンガは原作に忠実で、実に丁寧にエピソードを追いながら描かれています。それでいて、ストーリーにはスピード感もあって、ページをめくる手も止まらない。。。30巻ですがね。。。

三国志ファンなら、もちろん、いろいろな訳本を読まれたほうがいいとは思います。実際、オススメは他にもあるのですが、でも、最初なら、そして1種類読めばいい、とおもっているのなら、迷わず、このマンガをオススメしたいと思います。

三国志全30巻漫画文庫 (潮漫画文庫)

新品価格
¥20,400から
(2017/12/11 18:39時点)



三国志 (1) (潮漫画文庫)

新品価格
¥700から
(2017/12/11 18:40時点)




ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします!

  にほんブログ村 本ブログへ

posted by ys-office at 06:00 | 【本の話】雑誌/コミック

2017年12月12日

勝手にランキングINDEX

「勝手にランキング」の記事を掲載順にご紹介。随時更新予定です。

【2017年】

07/02 勝手にRANKING「七夕によせて・・・夜空の絵本」
→子ども向けだけではなく、大人にもお勧めな絵本もあります。

07/09 勝手にRANKING「時代劇(戦国〜江戸)」
→大好きな時代劇。数があり過ぎて、苦渋の10作。

07/16 勝手にRANKING「歴史小説(海外舞台)」
→海外が舞台というだけでドキドキ。小説だけど、勉強にも。

07/23 勝手にRANKING「歴史小説(古代・中世日本)」
→古代や中世の舞台は、想像の部分も否めませんが、それもロマン。

07/30 勝手にRANKING「海外ミステリー」
→紹介したいものだと、歴史的名作ばかりになってしまった。

08/06 勝手にRANKING「国内ミステリー」
→ミステリーの本場は海外だと思う。でも、国内も捨てがたい。

08/13 勝手にRANKING「懐かしの少女マンガ」
→ほんの遊び心でやってしまった企画。でも同世代は大喜び。

08/20 勝手にRANKING「SF小説」
→SFはオススメできるものは少ない、と実感したランキング。

08/27 勝手にRANKING「持っているだけで幸せ。写真集」
→写真集は重いし高いし、マニアの楽しみだけど、欲しい。。。

09/03 勝手にRANKING「大人の夢見るアートな絵本」
→絵本は大人にも買って欲しい!という願いを込めて。

09/10 勝手にRANKING「海外ファンタジー」
→ファンタジーは最後まで読むのを止められないものが条件。

09/17 勝手にRANKING「国内ファンタジー」
→意外と国内も侮れない・・・と思い知ったランキングになりました。

09/24 勝手にRANKING「言葉を楽しむエッセイ」
→筆者の趣味で、笑える系が集中したランキング。気分転換に。

10/01 勝手にRANKING「中秋の名月によせて・・・月の絵本」
→月は古今東西、人を魅了したのだなと実感するランキング。

10/08 勝手にRANKING「キャラクター手芸本」
→ディズニー、スヌーピーにサンリオも!人気キャラクター手芸を。

10/22 勝手にRNKING「軽く読んでおきたい神話・民話・説話」
→読みやすくて、名著と名高い神話や民話集をランキング。

11/05 勝手にRANKING「キャラが魅力の愛すべき名探偵」
→とにかく、この探偵が読みたくて・・・というランキング。

11/19 勝手にRANKING「マニアで楽しい辞典・事典」
→世間一般には役に立たないけど、面白い辞典ランキング。

12/03 勝手にRANKING「ちょっとクラシックなクリスマス本」
→古典的、ベストセラーの名著ばかりを集めました。

12/17 勝手にRANKING「小説のように読む伝記」


ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします!

  にほんブログ村 本ブログへ

posted by ys-office at 18:00 | 【勝手にランキングINDEX】